肌の悩みに対応する

タオルを巻いた女性

フォトフェイシャルは、お肌の深部へ届く光をひろい範囲に照射して、お肌に良い効果を期待するものです。期待できる効果は、はり感、くすみ、シミ、小じわ、毛穴の改善です。フォトフェイシャルはメラニンにダメージを与えるので、しみやくすみに効果が期待でき、また、コラーゲンの生成に良い影響を与えるので、はりがうまれ、小じわや毛穴に良い結果が期待できるものです。レーザー治療と似ていますが、レーザーの場合は、照射がスポットであることに対し、フォトは顔全体に照射ができます。また、レーザーは期待する効果別に、種類を変える必要がありますが、フォトの場合、1種類の照射で、いくつもの効果を期待できます。また、強いレーザーをあてた後は、ダウンタイムを必要とする場合が多いのですが、フォトフェイシャルの場合は、ダウンタイムがほとんど必要ありません。

フォトフェイシャルはもともと医療機器の名称です。したがって、フォトフェイシャルができるのは、美容外科や美容皮膚科など医療機関に限られています。しかし、エステでも光フェイシャルといわれるものを扱っています。これは、フォトフェイシャルよりも出力が弱い機器を使って行う施術です。原理や期待する効果は同じようなもので、出力が弱い分、結果に違いが出ることになります。しかし、エステサロンの場合、お肌のケアに特化した施設ですから、独自のジェルや施術前後のケアなどにより、高い効果を狙ったコースがある場合もあり、一概にどちらが良いということは言えない部分もあります。また、医療機関で医療機器を使う分、費用が高価になる場合も多く、手軽に定期的に、と考えた場合、エステサロンが選択肢として選びやすくなる場合もあります。いずれにしろ、1度の施術で済むものではなく、効果の持続期間は有限ですから、定期継続することも踏まえ、選択されることをお勧め致します。